MENU

厚生労働省もすすめている葉酸

実は赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症率は日本に比べて欧米のほうが高く、そのため、はやくから葉酸が妊婦と胎児にどのような影響をあたえるのか実験されてきました。そして、この実験により、妊娠前1ヶ月から妊娠の本当にごく初期に葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害の発症率を70%以上下げることができたことが証明されました。そこで欧米だけでなく、世界各地で葉酸を気軽に摂取できる葉酸サプリメントを積極的に飲むように勧告されるようになりました。

 

 

日本も勿論例外ではありません。日本では2000年から厚生労働省が普段の食事と葉酸サプリメントとで葉酸を摂取するように妊娠を希望する女性を対象に通知を出しているのです。それだけでなく、2002年からは母子手帳にも葉酸をとることの重要性が記載されるようになりました。

 

葉酸は文字通り、葉野菜などに多く含まれており、普段の食事から積極的にとることが望ましいですが、やはり妊娠すると食事がままならない状況になることも有ると思います。そんなときは、市販の葉酸サプリメントで気軽に摂取できますし、多い分には特に問題もありませんので食事に加えてサプリメントを飲むようにしてみてはいかがでしょうか。

 

葉酸は別名ビタミンMと呼ばれていて、ビタミンB郡に分類されている水溶性のビタミンです。

 

葉酸は人間の体内でさまざまな重要な役割を担っていますが、そのなかでもっとも重要なのが核酸の合成です。
核酸により遺伝物質は構成されていますから、新しい細胞をつくり出すに当たって葉酸は必要不可欠となってくるのです。

 

人間がもっとも活発に細胞をつくり出すのは、自身のからだを構成していく必要のある胎児の時期に当たります。
そのため、母体は一日に成人男女の必要量の2倍にあたる400マイクログラムもの葉酸を摂取する必要があります。